ブログトップ

セルフビルドな家づくり

norisano.exblog.jp

森鴎外記念館 探訪

SANO-SANOリビングカンパニーは 静岡県中・東部を拠点とする、工務店機能を備えた設計事務所です
「自分の家は自分でつくる」
セルフビルドによる、参加型家づくりを提案します



先日、都内に出た際、かねてより訪れたかった文京区の森鴎外記念館へ立ち寄りました



建物を観に行くことが主目的になっているので、一通り外壁のレンガの風合いやアプローチ、配置計画、ステンレス板ルーバーを確認して中に入りました





正直、森鴎外についての知識は、明治の文豪、軍医総監ぐらいしかなく、『舞姫』を高校生時代に読んだという程度です



漱石と比べて、作風が比較的暗かったなぁ、といった印象です

東京湾が見えたという自邸「観潮楼」の模型



アプローチの具合や、単体建物同士の関係性が見えて、やはり模型は面白いですね、ついつい目が行きます


面白かったのが、作家・平野啓一郎さんの鴎外についての解説でした

平野さんの説明では、鴎外が繰り返し小説の中で描いていたのは、「自分の力が及ぶことには限界がある」という事ではないか・・・と

『舞姫』や『高瀬舟』では、どうしようもない決断を不本意にも選ぶことになります

鴎外自身、本願の医学者としてではなく、軍医として名声を得ました

これについて、晩年に『空車』という己自身を投影した短編をまとめています

つまり、大きな車にはなったが、カラッポだと

しかし、自然の脅威を受けた3.11以降、改めて鴎外を読み返してみると、不思議な程、そこには癒しに似たものがあるというのです

単純に、上手く割り切れないながらも、これを知り、何を思うか



セルフビルドな家づくり☆  sano-sanoリビングカンパニーのH.P.


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by sano-sano | 2014-04-04 01:12 | 趣味
<< 春ですね☆ 石山修武教授退官シンポジウム >>