ブログトップ

セルフビルドな家づくり

norisano.exblog.jp

「見積り書」考察

SANO-SANOリビングカンパニーは 静岡県東部、中部を拠点とする、工務店機能を備えた住宅設計事務所です。
「自分の家は自分でつくる」。
セルフビルドによる、参加型家づくりを提案します。



今日は、週に1度の井上建設さんとのお仕事。

工務(こうむ)の方とお話する機会がありました。

工務は、工事の見積り取り、積算、資材の発注、業者手配などを行う部門。

建物を建てるには、営業、設計、現場管理など様々な仕事があります。

営業や設計は、やはり花形部署。

そんな中で、見積り、つまり金額をまとめる業務は、一見地味で敬遠されがちです。

鉄、木材、コンクリート、土など材料についての原価を把握し、職人さんの手間代をどうコントロールするか…。

工期や人工(にんく)を、コストの面から取りさばいていきます。

d0288164_20544680.jpg


私も住宅の見積り書を作成しますが、やってみると、これが結構面白いのです。

「物の値段を知る」という根本に触れるからでしょうか。

設計が終わる前に、だいたいの金額の目途がついています。

値段を組み合わせたり、省いたりする作業は、「モノを誰がどうやってつくるのか?」をイメージしていきます。

見積り書を作り出してから、身の回りの物の値段はいくらなんだろう?原価は?利益は?といつも思うようになりました。

見積り書というのは、数字化された図面(仕様書)なのです。

見積り書を見れば、どんな工事で、どんな建物かということが、およそイメージ出来ます。

「重箱の隅をつつくような作業ですよ」と、工務の方は笑いながらおっしゃてましたが、私には魅力的な仕事に映ります☆


セルフビルドな家づくり☆  sano-sanoリビングカンパニーのH.P.


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by sano-sano | 2013-09-17 21:37 | コストコントロール
<< 観てきました☆ 台風一過 >>